キャリアアップ/キャリア・コンサルティング

キャリアとは、一般に仕事·経歴·就職·出世のイメージで使われることが多い言葉です。

しかし、厚生労働省が提唱しているキャリアの概念は「時間的持続性ないしは継続性をもった概念」と定義されています。人生100年時代と言われるいる中、個々人の職業生活にも大きな変化への対応が必要です。

現在の仕事·昇進など、仕事に関わることだけでなく、「生涯を通じた仕事や生き方の心構えのプロセス」を経験通じて切り開いていくものです。

個人が自立して自らのキャリアを考えるためには、適切なキャリア·コンサルティングの重要性が増すと言われています。

アメリカにおいては個人のキャリアに係る指導·助言のサポートを日常的に多く受けれて「キャリアカウンセリング」と呼ばれていろんな形でサポートを受けられています。

日本では「キャリアコンサルティング」と呼ばれて大手企業では導入されている所もありますがまだまだ一部分だけです。

これからは、自分自身の能力や知識、経験を活かしてより幅広い仕事·次のステップ·人生のステップアップをしていくためにもキャリアコンサルティングは重要です。

そして、価値を高める「スキルアップ」は、自分が現在持っているスキルに更に磨きをかけて向上させていくことが大切で、「キャリアアップ」のためにも欠かせない重要な要素です。

厚生労働省職業能力開発局報告書·1部抜粋