人材育成/組織・マネージメント・スキル6講座

社会人基礎力

前に踏み出す力・考え抜く力・チームで働く力の3つの能力(12の能力要素)から構成されており「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年に提唱。長くなる個人の企業・組織・社会との関わりの中で、ライフステージの各段階で活躍し続けるために求められる力を人生100年時代の社会人基礎力を理解して取り組むスキルです。

問題解決力(課題解決からのアクション)

身の回りにある問題の現状を把握そして分析し、解決するための解決ステップを身につけて客観的に向き合い仕事の効率をあげるスキルです。

アンガーマネージメント(怒り・感情コントロール)

日々の生活の中で上手に怒りと向き合うための心理トレーニングです。自分の怒りポイントを知りコントロールすることで仕事の能率をあげたり職場の人間関係を向上させることができるスキルです。

職場におけるハラスメント防止に向けて(ハラスメント種類・予防・対応)

ハラスメントの種類、共通する原因などを知ることで、判断基準を・予防・対応方法を身につけることで自分自身を振り返り、職場(家庭)のモラルを向上させます。

間違ってはいけない人事評価(評価者知識)

人事評価の目的や知識を深め間違いやすい人事評価を理解して、従業員満足度向上と人材育成につなげます。

コーチング(自発的行動の促進/目標達成/PDCA)

コーチングは人の目標達成を支援することです。育成手法のコーチングとティ-チングを理解して相手自らの気づき、自発的な行動を促すスキルを身につけます。コーチングは、個人の成長にも繋がる大きな要素を含んでいます。

お申し込み / お問い合わせ

お申し込み
お問い合わせ